IT業界のエンジニアは、一定のレベルに達すると年収が上がりにくくなる。そのような状況に陥ったときに、年収アップを図る方法として挙げられるのがフリーランスへの転身だ。フリーランスになれば、エンジニアとして取り組める仕事の幅が広がるため、収入アップを見込めるだろう。
企業に勤めている頃よりも、高収入を得られるのがフリーランスの魅力だ。しかし、ただフリーランスになるだけでは、この魅力を最大限に得られるとは言い難い。フリーランスとして受注した仕事の単価が低いと、企業に勤めていた頃よりも低い収入になることも考えられるからだ。
このような状況を回避するために重要なポイントは、1つの仕事に対する単価をアップさせることだろう。具体的な対策としては、自分の価値を高めることが効果的だといえる。たとえば、需要の高い分野の技術を極めるのがよく、需要が高い分野では技術に対する報酬が高いケースが多い。そうなれば、必然的に単価が上がることになるだろう。
また、資格の取得も有効な手段だ。資格を取得していれば、クライアントはクオリティーの高い仕事を行ってくれるのではないかという期待を持ってくれる。その期待を込めて、一度目の交渉から高単価な仕事を依頼してくれるケースもあるかもしれない。
単価を上げるための手堅い方法としては、実績を積むことだ。この方法は時間の消費は大きいが、高い実績を得られればクライアントからの信頼も得ることができるだろう。そうすることで、少しずつではあっても、着実に高単価な仕事を受けることができるようになる。