IT業界の仕事というと年収が高いと思われていることが多く、エンジニアもそのひとつに含まれるだろう。しかし、必ずしも年収が高いわけではない点に注意する必要がある。エンジニアといえども、新人やサブリーダー、リーダーと職のレベルによって、年収も変わってくるためだ。
当然ながら、新人には責任が重い仕事を任せることはできないため、年収も低くなる。だが、経験を積むうちにサブリーダー、リーダーと職のレベルが上がってきて、それにしたがって年収も上がってくるのだ。システム構築の全体を管理するリーダー職になると、かなり年収は高くなるだろう。
また、自分が勤務している企業の規模によっても変わってくる。システム構築のクライアントである大企業の方が、年収が高い可能性があるのだ。大企業から仕事を受ける下請けの中小企業は、大企業よりも使える資金が少なくなるため年収も低い。さらに孫請けになると、より低くなるだろう。
このように、エンジニアと一括りにいっても、職のレベルや勤務している企業の規模によって年収が変わってくるのだ。エンジニアになったからといて、必ずしも年収が高いわけではなく、期待と現実のギャップに驚いてしまうかもしれない。
そして、たとえ技術やスキルが優れていても、時と場合によっては年収に反映されない可能性もある。エンジニアを目指しているなら、このようなギャップがあることを認識しつつ、できるだけ自分の技術やスキルを年収に反映してくれる企業を選びたいものだ。