漫然と仕事をすることでやりがいを失ってしまうことはよくあるが、IT業界のエンジニアになるとその不安がなくなる傾向にある。自分のした仕事が何か役に立ったという自覚が生まれることで、やりがいを感じられるようになるのだ。
エンジニアの仕事は、自分の行ったことが形になるのが特徴だろう。開発に従事している場合には、システムが完成することで運用が始まるが、納品した時点でクライアントから感謝されることも多く、それが喜びに繋がる。
その後に実際に現場で運用されてフィードバックが返ってくると、たとえ改善を求めるものだったとしても現場で使用されて役に立っているという実感を持つことができるのだ。現場へ赴き、運用されているシステムを見る機会があれば、達成感もより大きくなるだろう。
一方、システムの維持や管理の業務であっても、自分の行ったことに満足できる。維持や管理の場合には、起こり得るトラブルを未然に防ぐことが最も大きな使命であり、リスクを察知して対処できたらそれだけで達成感が生まれるはずだ。そして、常にシステムが安定しているのを目の当たりにしていると充足感も得やすい。
この他にも、エンジニアの業務にはさまざまなものがあるが、システムに関わっている限りは必ず現場での運用に直結する仕事に従事することになる。このように成果がはっきりと認識できるため、やりがいを感じられるケースが多くなるのだ。仕事のやりがいで悩んでいる人は、エンジニアを目指してみるのもいいだろう。